2017年4月22日土曜日

週刊葛生 第六十五号 Waiheke島上陸編

 みなさんこんばんは。博士2年のMです。


 前回はオークランドに戻った話をしましたね。

 調査後半の日程は、オークランドの近くにあるWaiheke島というところで調査を行いました。

 オークランドからWaihekeへはフェリーで行くので、まずは朝ホテルからフェリー乗り場へ向かいます。
オークランドのフェリー乗り場近く。

 フェリー乗り場には早めに着いているので、フェリーが出るまでは優雅に時間をつぶします。

ジェラートを食います。別に、これを食べるために早めに着いている訳ではありません。

 こちらはまた別の日の写真。

いかなる時も優雅。それがニュージーランド流。

 食べていたらカモメが頭に乗ってきました。

そっぽ向いてごまかしています。

 Waiheke島へ向かうフェリーはWhangaroaで乗っていた船より大型で、観光客用のものです。スピードも結構速く、屋上にでると風で吹き飛びそうです。

オークランドが離れて行きます。

 道のりでは、オークランドの沖に浮かぶ火山、Rangitotoが見えます。

新しい火山なので、奇麗な形です。

 また、他にも景色のいい島を通り過ぎて行きます。

何の地層でしょう?砂泥に見えるけれども…

 そうして、40分ほどかけて目的地であるWaiheke島に到着します。

ここもまた長閑そうで良い島です。

 到着すると、他の観光客たちとともにゾロゾロと船を降ります。おっと、我々は観光客ではないから、「他の」は余計ですね。この島には多い日で人口の倍くらいの観光客が来るそうです。

グラサンをかけた怪しいオヤジがこっちを見ています。

 この島は一部には元の自然に近い風景も残るスポットで、ハイキングコースなどもあります。ちなみに、ワイナリーやカフェもいくつかあるそうですよ。

 
なかなか奇麗な緑のある島です。

 ちなみに、Waihekeというのは勢い良く流れ落ちる水、と言う意味だそうで、豪雨が起こるところであることを言っているんじゃないかと、タクシーの運転手が教えてくれました。

 私はワイナリーやカフェには行けませんでしたが、こんなものを見つけました。

なんだか日本の奴らとあまり変わりないですね。鳴き声は違いましたが。

 さて、今日はもう遅いのでこの辺りで。次回はWaihekeの地層を見て行きましょう。


 それでは、ごきげんよう。さようなら。

0 件のコメント:

コメントを投稿