2018年6月17日日曜日

週刊葛生 第九十六号 ビストロ編

 みなさんこんばんは。博士3年のMです。


 梅雨ですねぇ。


 さあ、今回は、梅雨明けを見据えて、みなさんに野外でのお料理について教えちゃいますよ!


 ということで、ビストロ編と称して、野外での食事の例をお見せしていきます。では早速。
どうやっても不味くならないのは、カレーです。ビーフカレーです。

 必要なものは、カレールー、人参、玉ねぎ。いずれも荷物の中に転がしておけます。ただし、可能な時は肉を入手して、茹でてぶち込み、、体力をつけます。
こちらはチキンカレーです。

 私はどちらかというと鶏肉入りの方が好みですね。

フルコースですね!


 そして、野外の飯といえばやはり、

アルファ米と鯖缶!

 昨年は何食食ったことか。ちょっと鯖缶が好きじゃなくなりました。


 しかし、アルファ米は高価ですし、普通に米を炊くとなると時間が結構かかります。もっと手っ取り早いのは、パスタです。

たらこパスタです!上のクスリはなんでしょう!?

 まあ、普通に早いですよね。たらこソースなんかは後始末も簡単です。

パスタでも鯖缶が大活躍!鯖の水煮を加えた鯖ペペロンチーノです!

 一手間加えるのもアリでしょう。特に、体力がいるときにはタンパク質を足したいですね。


 応用として、こんなのもあります。お腹に優しいです。

群馬の道の駅で買った地元のうどんを食べた時です。



 あと、先ほどからちょくちょく出てきますが、スープをよく作っています。野菜を取るためでもあります。
ここでも安定の人参と玉ねぎです。鯖缶をまな板にして切ります。


 夜作ったものを保存しておき、朝加熱して食べると、朝から温かいものも食えるし、出発も早くて良いです。

朝、ビストロ開店です!手前でスープをあっためてます。奥は見ちゃダメ!


 ここからは番外編です。


 特殊な例ですが、イノシシのスペアリブを分けてもらった時、焚き火で焼いて食べました。激ウマ!

これはもう二度とないかもしれません。
 ちなみに、この焚き火で野菜のゴミや鯖缶についた油を燃やしておけば、山の中でも獣を寄せ付けずに済みます。

全てを焼き尽くします。



 もはや野外ではないですが、これは津久見名物。

津久見に行きたいなぁ〜、って思っちゃいます。

 3枚おろしの技を磨きました。
実はこれ、最初のトライでちょっと失敗しました。

 皆様も津久見へお越しの際は、ぜひ朝とれたての魚を食べてみてください。



 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2018年5月27日日曜日

週刊葛生 第九十五号 放散虫の墓場編

 みなさんこんばんは。博士3年のMです。


 最近は学会があったり、書類を書いたり大忙しです。そこまでして一体何を得ようというのか?


「良いではないか。天土の間にあるすべてのものを欲するは、人間の業というものだ。」
by ジコ坊 from『ものののけ姫』

 このセリフは個人的にジブリで1、2を争う名台詞です!


 それはさておき、学会用に撮った写真で思うことがあったのでそのネタでいこうと思います。


 写真といっても、電子顕微鏡写真です。


「なんとも、おびただしい数だな。」というためのネタではないですよ?

 よくわからない方のために、拡大写真をお見せしましょう。


ちょっと、見てはいけないものを見た気持ちにもなりました。

 たくさんの放散虫の屍ですね。これは、チャートの切断面をフッ酸で腐食したものです。チャートが放散虫でできていることが直感的にわかりますね。


 これを見て、私は思い出したものがあります。


『風の谷のナウシカ』の一コマです。

 どの場面だったか、お分かりでしょうか?


「永い浄化の時が始まったのです」
『風の谷のナウシカ』5巻より。

 ナウシカが「虚無」と対話している場面ですね。


 ちなみに、永い浄化の時を経るとこうなります。


同じチャートですが、放散虫は跡形もなく溶けています。

 うそです。


 そのうち私も浄化されてしまうのでしょうか。。。



 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2018年5月11日金曜日

週刊葛生 第九十四号 固着編

 みなさんこんばんは。博士3年のMです。


 ニュージーランド編も終わり、特にネタもありません。



 最近は院生室の椅子に座りっぱなしです。


 こんなのでは、固着性生物になりそうです。


 固着性生物といえば

オーストラリアの標本です。

 腕足動物ですね。


 二枚貝に似てますけどね。

こちらはオーストラリアの二枚貝です。


 二枚貝の方がだいぶ動くんですよ。固着していた腕足たちは、古生代にはだいぶはびこっていたのですが、古生代末にはだいぶ絶滅し、今は二枚貝の足元にも及ばない存在感です。

絵の不正確さには目をつぶってください。


 いかん、このままでは絶滅してしまう!

 進捗はなくてもお腹はすくもので、固着しないために生協まで足を運び、こんなものを買ってます。

忍者めしの姉妹商品でしょうか?
 これって狩人じゃなくて侍じゃあないですかねぇ?


脳に糖分を・・・
 こちらはずいぶん爽やかな感じですが、


「残業していきましょう!」
 爽やかに残業を勧めていますね。天使の顔をした悪魔でしょうか?



 中身のない回ですね。

 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2018年5月5日土曜日

週刊葛生 第九十三号 ペルム紀のシーフードチャウダー編

 みなさんこんばんは。博士3年のMです。


 今回でニュージーランド2018は最終回です。たぶん。


 今回は、南島南部のプロダクタスクリークというところについてです。


 私有地の農地の奥にある小さな谷で、行くにはかなり手間がかかります。


許可をもらって私有地に入り、羊の群れをかき分けて行きます。めっちゃこっち見てますね。


 最後は車が通れないので、徒歩でアプローチします。


ホビットの冒険のようですね。

 以前は地層がたくさん露出していたそうなのですが、行ってみると藪に覆われてしまっていました。
しかもトゲトゲの藪でタチが悪いです。

 
 それでも、なんとか露頭を見つけることができ、
 
結構大きな露頭が見つかりました!


 化石も出てきました。


小さな腕足動物です!



 探していると随分な大物も。


石を粉砕して密集層を探します。

 二枚貝や腕足動物が盛りだくさんで、先週お見せしたシーフードチャウダーのペルム紀バージョンみたいです。


中央に巨大な二枚貝、白いのは腕足動物です!

 こちらは、味付けに葉っぱも入っています。


中央やや上とやや下、右端などにある筋の入った黒いものが葉っぱです。


 曇天の中でしたが、とても充実したフィールドでした。


帰りもホビットの冒険です。


 また、純粋に景色もすごかったです。


本来の自然の姿ではないのですが、それでも壮大ですね。
トラックの屋根からの景色です。
馬の影がかっこいいです!

 また行きたいところですね。


 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2018年4月28日土曜日

週刊葛生 第九十二号 ニュージーランドの飯編

 みなさんこんばんは。博士3年のMです。

 もうニュージーランドの優雅さは忘れつつありますね。




 これを見て思い出しましょうか。


ビーフステーキ盛り合わせです!
 ニュージーランドはステーキですね。



ラムです。
 こちらはハーブやバジルのソースがかかっています。




またまたラムです。
 こちらはモロッコ風のラムの料理ですね。ちなみに、ラムは子羊ですが、大きい羊のマトンも風味があって美味しいですよ。



タラヒキという魚のマレーシア風です。
 ウェリントンは結構魚介も上がるんですね。白ワインがうまし。

 ここからは怒涛の魚介です。

クラムチャウダーです!殻がついてますね。
 こちらはダニーデンのレストランです。寒流が来るところだけあってで魚介が美味しいです。

またまたクラムチャウダーです!かなりボリュームがあります。
 こちらはさらに南に行っただいぶ田舎のレストランです。



ブルーコッドの炒め物です!
 同じところでは翌日ブルーコッドをいただきました。タラの仲間ですが、寒流系なので、南島ならではです。



Speight's Ale Houseです。ダニーデンに行ったら是非行ってください。

 ダニーデンのエールハウスでは

パブ感満載ですね。
 ブルーコッドのフッシュアンドチップスをいただきました。



ブラフオイスターという牡蠣です!
 ダニーデン最後の夜に食べました。日本の牡蠣とは違いますね。



メインはこちら。
 この日もフィッシュアンドチップス。ちょっとチップスがしんどい。。。



空港で最後のビールです。とほほ。

 なんだか、お腹がすいてきました。



 それでは、ごきげんよう。さようなら。

2018年4月12日木曜日

週刊葛生 第九十一号 ニュージーランドの鳥編

 みなさんこんばんは。博士3年のMです。


 そろそろニュージーランドの地質の話に飽きてきた頃ですね。

 私は飽きてませんがみなさんが。

 ということで今回は、ニュージーランドならではの写真を大量放出します。

プケコ
 これは飛べない鳥かと思う見た目ですが、「飛びたくない鳥」らしいです。カラフルで良いですね。



Variable oyster catcher
 本当は黒単色以外にもいるらしいんですが、我々が見かけたのは全部真っ黒でした。



ウェカ
 恐竜みたいですよね(分類学的には恐竜ですが)。でもこいつも飛べない鳥ではなく、「飛ぶのが下手な鳥」だそうです。



キタシロアホウドリ (Northern Royal Albatross)
 アホウドリ科が離島以外で繁殖しているのはダニーデンだけだそうです。ちなみにひなはこれでも1〜2 kgはあるそうです。



Red-billed seagull
 和名はわかりません。なにげに最近個体数激減中らしいです。



キマユペンギン
 「飛べない鳥」です。「泳げる鳥」って言ってあげるべきですかね。



カカ
 大型のオウムです。結構賢いです。



サドルバック (Saddleback)
 Saddlebackとは、背中に鞍がある、という意味です。ちなみに同じ名前のワインがおいしいです。



Bellbird
 これは雌なので地味な色ですが、雄はもっと目立つ黄色と緑です。



パテケ
 ニュージーランド固有のカモだそうです。


North Island Robin
 凄い人に近づいてきます。近すぎてピントが合わないことも。



トゥイ
 ウェリントン周辺ではシンボル的存在に感じるくらいたくさんいました。鳴き声も特徴的です。同じ名前のビールがあります。

アジサシ
 移動中の休憩でしょうか?

飛翔!!
 みんな飛び立つと壮観です。


 それでは、ごきげんよう。さようなら。