2017年4月8日土曜日

週刊葛生 第六十四号 豪雨のオークランド編

 みなさんこんばんは。博士2年のMです。


 前回まで話したように、Northlandの調査は雨でだいぶ妨害されたのですが、海外では日程はあまり変更できるものではないので、仕方なく次の調査地へと移動して行きました。


大雨で茶色く濁ったWhangaroa湾を背景に、荷物を積み込みます。

 向かう先は、ニュージーランド最大の都市、オークランドです。

 来た道をずぅっと戻ってひたすら運転します。


なかなか好い森ですなぁ。
ホビットが住んでいそうですなぁ。
をっ!露頭ですなぁ。

 しばらく雨は降っていなかったのですが、オークランドに近づくと。。。


あれ、降ってきた。

 どうやら、南へ去った雨雲を我々が追いかけてきてしまっていたようなのです。


雲に霞むオークランド。首都ではないですが最大の都市です。

 オークランドに着くと雨は一度収まってくれ、皆で中華のテイクアウェイを食べながら、翌日からの好天を願います。


すごい大家族です!

 しかし、願いも虚しく。


手前に見えているのはホンダのフィットですね。ニュージーランドは日本車が多いんです

 たまたまこの日は予備日だったので、まだ良かったですが、この豪雨では町を歩くのもたいへんです。


 しかし、それでも果敢に町を練り歩きます。


こんな日は、二つに一つ、濡れないように着込む(右)か、濡れてもすぐ変えられるようにほとんど何も着ない(左)か。あなたはどっち派?

 さあ、せっかく時間ができたので、優雅にショッピングにでも行きましょう!そう、いかなる時も優雅!

町には巨大なキーウィが。
モアも。
そんな中放散虫が飛び出る本を見つけた方が!

 こんな天気が続く中、ここから先の調査は、一体どうなったのでしょう?それは次回以降のお楽しみ。


 それでは、ごきげんよう。さようなら。

0 件のコメント:

コメントを投稿