2016年12月30日金曜日

週刊葛生 第五十三号 葛生化石館・続編

 みなさんこんばんは。博士1年のMです。


 パソコンはなんとか生きてます。



 今年最後になりますが、以前紹介した聖地、葛生化石館の紹介が超雑だったので、この間もう一度行った時に撮った写真をいくつか紹介しようと思います。

 外観は以前も見せたかもしれませんが、今は隣の建物の工事が終わってずいぶん奇麗になっています。

夏来た時は周りが工事中で良い写真が撮れなかった。


 ここ、館外にも展示があるんです。

何気なく落ちている石灰岩。
近づいてみるとフズリナがいっぱい。

これが、『君が代』にも出てくるさざれ石です。

 きっと、葛生の石灰業者が協力してこれらの展示物の採取とここまでの運搬をしてるんでしょうね。


 館内には、葛生でペルム紀の石灰岩が見られることにちなんで、古生代、特にペルム紀の化石の展示に力を入れています。

ペルム紀の世界です。日本では出ない珍しい化石も。

 葛生で出たものももちろん混じっています。三葉虫が出るとは!

中央やや下左。葛生から出た三葉虫。


 そして、忘れてはいけないのは葛生名物、石灰の展示ですね。これもきっと業者さんが協力しているんでしょう。

石灰にもいろいろあるんです。この辺は聞いたことあるでしょうか?
こっちはかなりマニアックな感じですね。


 まあ、都内からも近いことですし、ぜひ実際に行ってみてください。


 最後に、ついでに葛生を含む佐野市の名物、佐野ラーメンを。

佐野市に来たらこれを食わないと。

 それでは、ごきげんよう。さようなら。

0 件のコメント:

コメントを投稿