2018年4月12日木曜日

週刊葛生 第九十一号 ニュージーランドの鳥編

 みなさんこんばんは。博士3年のMです。


 そろそろニュージーランドの地質の話に飽きてきた頃ですね。

 私は飽きてませんがみなさんが。

 ということで今回は、ニュージーランドならではの写真を大量放出します。

プケコ
 これは飛べない鳥かと思う見た目ですが、「飛びたくない鳥」らしいです。カラフルで良いですね。



Variable oyster catcher
 本当は黒単色以外にもいるらしいんですが、我々が見かけたのは全部真っ黒でした。



ウェカ
 恐竜みたいですよね(分類学的には恐竜ですが)。でもこいつも飛べない鳥ではなく、「飛ぶのが下手な鳥」だそうです。



キタシロアホウドリ (Northern Royal Albatross)
 アホウドリ科が離島以外で繁殖しているのはダニーデンだけだそうです。ちなみにひなはこれでも1〜2 kgはあるそうです。



Red-billed seagull
 和名はわかりません。なにげに最近個体数激減中らしいです。



キマユペンギン
 「飛べない鳥」です。「泳げる鳥」って言ってあげるべきですかね。



カカ
 大型のオウムです。結構賢いです。



サドルバック (Saddleback)
 Saddlebackとは、背中に鞍がある、という意味です。ちなみに同じ名前のワインがおいしいです。



Bellbird
 これは雌なので地味な色ですが、雄はもっと目立つ黄色と緑です。



パテケ
 ニュージーランド固有のカモだそうです。


North Island Robin
 凄い人に近づいてきます。近すぎてピントが合わないことも。



トゥイ
 ウェリントン周辺ではシンボル的存在に感じるくらいたくさんいました。鳴き声も特徴的です。同じ名前のビールがあります。

アジサシ
 移動中の休憩でしょうか?

飛翔!!
 みんな飛び立つと壮観です。


 それでは、ごきげんよう。さようなら。

0 件のコメント:

コメントを投稿